ロシアンブルーは高貴なイメージがあります

一体どんな性格や特徴、飼い方をしていけばいいのか

まとめていました

 

ロシアンブルー歴史

ロシアンブルーの誕生については諸説ありますが

名前の通りロシアが原産の自然発生種だといわれています

 

18世紀中頃にイギリスや北欧に伝えられ人気でしたが

第二次世界大戦中に数が減ってしまい、絶滅の危機に

陥ってしまいました。

 

そこでイギリスとアメリカなどの国でブリティッシュ・ブルーと

シャムネコの交配をしていき数を増やしていきました

 

そのため現在のロシアンブルーの原産はロシアではなく

イギリスとされることもあるようです

 

ロシアンブルーの性格・特徴

凶暴と言われることがある

警戒心が強く小心者の性格から凶暴化してしまうことが

あるようです

 

しかしロシアンブルーが凶暴だという決定的なデータはなく

なんらかの理由があるはずです

 

病気になってしまっている場合もありますし

神経質で臆病な性格なので何かがきっかけで

凶暴に見えることがあるかもしれませんが

基本的には飼い主に忠実でとても賢い猫だと

言われています

 

飼い主に忠実

一般的な猫のイメージとして気まぐれなイメージがありますが

ロシアンブルーはちょっと違うみたいです

 

ロシアの皇帝などに買われていた歴史もありますし

実は飼い主に忠実な性格の持ち主です

 

犬みたいな猫と言われるほどで従順でロシアの貴族たちに

愛されてきました

 

人見知りします

ロシアンブルーの性格はシャイで警戒心が強いので

飼い主には甘えたりしますが、知らない人には

人見知りします

 

知らない人が家に来たりするときは

ストレトを与えないよう与えないよう注意してください

 

泣くことがない

ロシアンブルーはほとんど泣かないことから

「ボイスレスキャット」と呼ばれています

 

アパートやマンションなどでも

安心して飼うことができます

 

美しい容姿

美しい被毛が特徴で基本の毛色はグレーです

光の加減で銀色に輝きまさに気品溢れる

猫の種類だと印象を受けます

 

ロシアンブルーの平均寿命

一般的な猫の平均寿命は15歳前後と言われていますが

ロシアンブルーの平均寿命は10歳〜13歳と言われています

 

若干平均の猫より短いですが19歳まで生きた子もいるので

日々の食事など飼育環境に気をつけていきましょう

 

平均体重

どのくらいまで大きくなるのか調べてみました

ロシアンブルーのオスの平均体重は4.5kg〜5.5kg

メスは2.5kg〜4.0kgです

 

一般的な猫の平均よりは少し軽めです

 

飼育時の注意

ロシアンブルーの特徴として密生した被毛のおかげですし

もともとロシアで誕生した猫種なので寒さには強いのですが

逆に暑さには弱いので注意してください

 

真夏などの暑くなる地域の方は涼しい環境を整えてあげてください