夏といえば花火大会ですね!小学生の時や中学生の時などにいった、花火大会の思い出は大人になった今でも心に残っています。

いろんな夏のイベントはありますが、結構鉄板のイベントですよね!

今回は栃木県小山市の観晃橋下流の思川河畔で行われる、小山花火大会2017の場所取りや穴場スポット、混雑などについて迫ってみました。題して「小山花火大会2017場所取りや穴場スポットは?交通規制や混雑は?」では早速本題に入っていきましょう。

Sponsord Links

小山花火大会とは

小山花火大会の打ち上げ場所です。

 

小山花火大会2017の花火の打ち上げ数は、約2万発です!この打ち上げ数は、全校レベルで見てもだいぶ多い方だと思います!1万発前後が多い印象なんですが、小山の花火大会は約2万発打ち上がるので、スケールが大きいですね!!

そして、去年の2016年の来場者数がなんと約47万人と、圧倒的に来場者数が多いのではないでしょうか!それだけの人が集まる小山花火大会は、すごい人気だといえますよね!今年で66回目ということもありますし、これなでの歴史も感じられます。地元の方は毎年夏の定番イベントなんではないでしょうか!?

開催日時は2017年7月30日(日)の19:10~20:45になっています。荒天の場合、または河川の増水の場合は2017年7月31日(月)以降に延期されるとのことです。他の花火大会では中止になった場合に、延期などの日程が設定されていない、花火大会もありますが、しっかり延期してから開催してくれるのは嬉しいポイントですね。

アクセス

電車で来られる際はJR小山駅西口から徒歩約8分で会場につきます。当日混雑が予想されますので、行きの電車で小山駅で降りた時に、帰りのキップも先に購入されている方が、混雑に巻き込まれにくいので検討してください。

車で来られる際は、会場近くに有料・無料の駐車場があるようですが、花火大会の当日は例年午前中に満車になっているようなので、注意してください。そして交通規制がされますので、花火大会が淡ってからの帰りの渋滞に巻き込まれてしまいます。

どうしても車で行かれたい方は、小山駅の2~4駅離れたところに車を駐車して、電車で花火大会会場に向かった方が、帰りがスムーズだと思います!

小山花火大会2017場所取りや穴場スポットは?

小山花火大会2017の場所取りや穴場スポットについて調べてみました。

小山総合公園


打ち上げ場所から少し花Rていますが、花火大会会場よりは混雑はしにくいです。そして場所的にナイアガラが見えないのでご注意ください。

城山公園

花火大会の会場に少し近いので、少し混雑はしやすいですが、花火はしっかり見えます。桜の木があちこちにありますので、木に邪魔されにくいスッポットは早めに場所取りしてください。

道の駅思川


小山花火大会の会場からは離れていますが、駐車場がありますので、駐車場探しをしなくていいので、車の方はとても便利です。あとトイレがしっかりありますので、女性やお子様連れの方にもいいのではないでしょうか!?飲食店もあるので腹ごしらえもできちゃいます!

栃木県立県南体育館


レジャーシートやござをしいて寝転びながら、ゆったり花火を楽しめます!

太平山神社


小山花火大会の会場からは結構離れていますが、夜景を楽しみながら花火が見れます!カップルにもってこいな、花火デート穴場スポットです!燃え上がれ!花火!

小山花火大会の会場付近の場所取りなんですが、花火大会当日は午前中からたくさんの人が、場所取りに訪れますので、このスポットでみたいなど決めている方はなるべく早く、場所取りをしてしまってください!場所取りで当日の花火の満足度アップさせちゃってください!

花火大会はどこも混雑するので!

小山花火大会2017交通規制や混雑は?

下記のように交通規制が当日行われますので、ご注意ください!画像クリックで拡大します!

まとめ

今回は小山花火大会2017場所取りや穴場スポットは?交通規制や混雑は?について書いてきましたがいかがでしたでしょうか?

今まで、小山花火大会に行かれたことがない方はぜひこの機会に行かれてみてはいかがでしょうか!?

約2万発の花火を堪能できるビックな花火大会ですので、感動すること間違いなし!当日に期待です!

最後まで読んでいただいてありがとうございました!