夏という季節はとても短く感じますが、様々なイベントが全国各地で開催されていますよね。

地域の小さなお祭りからたくさん人が集まる海水浴やプール。そして夏休みは特に混雑するテーマパークなど。

そんなたくさんある夏の鉄板イベントとしての代表が花火大会ではないでしょううか!?大人になった今でも、小学校や中学校の時に行った花火大会の思い出は、今でもいい思い出として鮮明に覚えています。

家族みんなで行ったり、友達たちとワイワイしながら行ったり、彼氏や彼女と行ったり。いろんな形で皆様の思い出にも残っているのではないでしょうか!?

今回は宇治川花火大会2017の打ち上げ数や混雑具合、穴場スポットに迫ってみました。題して「名古屋みなと祭花火大会2017打ち上げ数は?穴場やトイレの場所も!」では早速本題に入っていきましょう。

Sponsord Links

名古屋みなと祭花火大会2017打ち上げ数は?

名古屋みなと祭花火大会2017の開催日時は、2017年7月17日(月)で時間は 19:30~20:20から開催予定です。花火の打ち上げ数は約3000発になっているのですが、大規模な花火大会でしたら1万発以上のものもありますので、比べると少ない気がしますよね。

ただ名古屋みなと祭花火大会は、2017年で71回目になるという非常に歴史の長い花火大会ですので、地域の方々にとっては、かけがいのないイベントの一つになっているのではないでしょうか。

人気花火大会ランキングでも、東海部門で6位に選出されていますので、やはり注目度が高く人気の花火大会なんですね。

ちなみに荒天の場合なんですが雨天でしたら決行されます。しかし荒天の場合は中止されてしまいますのでご注意してください。

小雨程度でしたら決行されるとということなんだと思いますが、明らかに台風などで中止になる時は公式ホームページなどで、告知があるとは思いますので、中止になりそうな時は確認してみてください。

あと前年の人出した人数なんですが、約39万人の方が名古屋みなと祭花火大会に訪れたので、2017年も其れ相応の混雑が予想されます。

名古屋みなと祭花火大会2017アクセス

名古屋みなと祭花火大会の打ち上げ場所へのアクセスなんですが電車で来られる方は

・名古屋市営地下鉄名古屋港駅すぐ、名古屋市営地下鉄築地口駅から徒歩約10分

・あおなみ線稲永駅から徒歩約30分

となっております。

車で来られる方は当日会場付近は大変今札が予想されますし、交通規制がかかりますので花火大会会場の手前の駅まで行って、車を駐車して電車で会場に向かう方が、帰りの渋滞に巻き込まれにくいと思いますので、検討してみてはいかがでしょうか!?

花火大会の当日に、車で会場近くまで行ってしまうと、帰りの渋滞で車がしばらく動かなくなってしまうこともありますので注意してください。

名古屋みなと祭花火大会2017穴場やトイレの場所も!

次に穴場スポットやトイレの場所について調べてみました

穴場スポットは↓

名古屋水族館南側


少しわかりにくいエリアで地元の人が多い穴場スポットです。

本宮公園


名前の通り公園なので、レジャーシートなどを敷いて花火をゆっくりみることができる穴場スポットです。

港陽公園


地域の方が多い穴場スポット。混雑はしにくいみたいです。

イオンモール名古屋みなと


花火大会当日は屋上が解放されていました。トイレも食べ物もあるのでオススメです。

いなりはし


名古屋港駅から近くメイン会場から少し離れているので、メイン会場よりは混雑は緩和されていそうです。

 

ざっと穴場スポットのご紹介をさせていただきましたが、せっかくなのでメイン会場や、その付近を歩きながら花火を見るスポットを探していくのでもいいのではないでしょうか。なんかそれも花火大会の楽しみ方のような気もします!

 

絶対に混雑に巻き込まれたくない方は、上記の穴場スポットを参考にしていただければ、メイン会場に行ってしまうよりは混雑に巻き込まれに来いと思いますので参考にしてください。

名古屋みなと祭花火大会2017トイレの場所は?

名古屋みなと祭花火大会2017トイレの場所を調べたんですが、公衆トイレが約10か所設置されているようです。ただ細かい場所までは把握できなかったのですが、近くのコンビニでなどのトイレは当日すごく並んでいたり、貸し出し禁止になってしまっているトイレも出てくるかもしれません。

先ほどの穴場スポットまとめの際にもご紹介させていただいた、「イオンモール名古屋みなと」でしたら食事とトイレがそれっていますので、小さいお子様連れの方は、確実にトイレがあるスポットの方が安心できると思いますので検討してみてください。

 

まとめ

今回は「名古屋みなと祭花火大会2017打ち上げ数は?穴場やトイレの場所も!」について書いてきましたがいかがせしたでしょうか?

夏の思い出に一生残る花火大会なので、少しでも快適に名古屋みなと祭花火大会を楽しんでいただけたら嬉しいです。

それでは花火大会当日は是非楽しんでください!

最後まで読んでいただいてありがとうございました。