夏といえば代表的なイベントの花火大会。小規模な花火大会から大規模な花火大会まで、全国各地で行われています。

友達同士でいったり、家族みんなでいったリト楽しみ方は様々ですよね!

 

今回は金沢まつり花火大会2017の打ち上げ数や混雑、トイレについて迫ってみました。題して「金沢まつり花火大会2017打ち上げ数と混雑は?トイレの場所は?」では早速本題に入っていきましょう!

Sponsord Links

金沢まつり花火大会2017打ち上げ数と混雑は?

金沢まつり花火大会の打ち上げ場所は、神奈川県横浜市金沢区の海の公園沖で行われます。

金沢まつり花火大会2017の打ち上げ数は約3500発で、少し規模的には小さめの花火大会ですね。1万発以上花火が上がる花火大会があるので、少し規模は小さいとは思いますが、前年の来場者数が約25万人と大変多くの方が金沢まつり花火大会に来られているので、人気の高さが伺えますね!

前年の来場者数が約25万人ということなので、金沢まつり花火大会2017の混雑が予想されますね!やはり関東圏ということもあってでしょうか、約3500発で約25万人の人が集まるのは、本当に地元の方から愛されている花火大会なんだと思います!

開催日時は2017年8月26日(土)で 19:00~20:00の予定になっています。なお荒天の場合は、金沢まつり花火大会2017が中止になってしまいます。延期の日程は設けられていないので、当日の天気が悪く花火大会ができない状態になったら中止になってしまいます。

ですので、金沢まつり花火大会2017の当日の天候のチェックをお願いいたします。もし中止になる場合は公式のホームページなどで告知がされると思います!

金沢まつり花火大会2017アクセス方法

電車で来られる際は、JR新杉田駅または京浜急行金沢八景駅からシーサイドラインに乗り、 海の公園南口駅または海の公園柴口駅下車すぐです。または、京浜急行金沢文庫駅から徒歩約20分で花火大会会場に到着します。

電車で金沢まつり花火大会に行かれる方は、帰りの混雑に少しでも巻き込まれないように、現地の駅についた時点で、帰りの切符の購入をしておくと、スムーズに帰りの電車に乗ることができます。

花火大会は終わってからの方が混雑しますので!終わってからが大事です!

車で来られる際は、花火大会会場の運営側での臨時駐車場は用意されていません。そして、花火大会会場付近は、例年通り通行止の交通規制が行われます。もし、自家用車でいって、花火大会会場周辺の駐車場が確保できたとしても、渋滞によりすぐに帰ることは難しいでしょう。まったく車が動かない状態がどのくらい続くかはわかりません。

絶対に、車でいきたい方は、金沢まつり花火大会会場の手前の駅で車を駐車して、現地には公共の交通機関を利用された方が、帰りがスムーズだとは思いますので参考にしてください。少しでも、混雑や渋滞に巻き込まれない方がいいですよね!

 

金沢まつり花火大会2017トイレや穴場の場所は?

金沢まつり花火大会のトイレの場所なんですが、常設7ヶ所で仮設5ヶ所で用意されていますが、正確な場所の地図などは見つけれませんでした。なので、トイレがある穴場スポットを調べてみました。

横浜・八景島シーパラダイス

金沢まつり花火大会2017の花火会場よりも混雑はしていません。商業施設ですのでトイレがあるのも嬉しいポイント。

横浜市立金沢動物園

花火大会のメインの会場から離れていますが、こちらも動物園ですのでトイレもありますね!花火大会の当日は夜の営業もしているので、花火と動物を両方楽しんでください!

花火大会に行く時は、絶対にトイレが近くにないと不安という方は参考にしてみてください!

まとめ

今回は金沢まつり花火大会2017打ち上げ数と混雑は?トイレの場所は?について書いてきましたがいかがでしたでしょうか?

金沢まつり花火大会に行かれたことがない方は、ぜひこの機会にいけれてみてはいかがでしょうか?最後まで読んでいただいてありがとうございました!