この度、2018年1月31日に閉館することになった犬吠埼マリンパーク。
「寂しい」や「思い出の場所」などの多くの声が聞こえてきます。

閉館の理由や反応、口コミやイルカやペンギンなどの動物がどこにいくのかについて調べてみました

題して「犬吠埼マリンパークの閉館理由や口コミは?イルカなどの動物はどうなる?」

では早速本題に入っていきましょう。

Sponsord Links

犬吠埼マリンパークの閉館理由や口コミは?


犬吠埼マリンパークの閉館理由について調べてみましたが、結論は老朽化が原因みたいですね。

あとは来場者数の減少も伴って今回の閉館の決定になったみたいです。

いろんな方に愛されて、いろんな思い出がたくさんある方も多くいらっしゃるのではないでしょうか!?
思い出の場所がなくなってしまうのは、本当に寂しい思いでいっぱいになります。

たくさんの方に愛された水族館「犬吠埼マリンパーク」ですが、老朽化は仕方ないことなのかもしれません。そして、来場者数が減ってしまっては運営も難しくなってしまいますよね。

閉館に伴う声をまとめてみました

閉館理由に対して様々な口コミがありますね。
やはり、1番多かったのは急すぎるということではないでしょうか。

あと、イルカの体調も悪いみたいですね。かわいそうです。

イルカなどの動物はどうなる?

さて、犬吠埼マリンパークの閉館後、イルカなどの動物がどうなるかについて調べてみました。

イルカなどの取引先は見つかるかもしれないが、それ以外の動物はどうなるかわからないそうです。

早く、行く先が決まってくれればいいですね。

まとめ

今回は「犬吠埼マリンパークの閉館理由や口コミは?イルカなどの動物はどうなる?」
に関して書いてみましたがいかがでしたでしょう?

突然の閉館だったので、戸惑いの声が多く、イルカなどの動物の行く末が心配です。
当面は24時間体制で飼育員の方々がお世話をされるようですが
早く、決まって欲しいです。

では最後まで読んでいただきありがとうございました。