大阪市枚方市にあるひらパーことひらかたパークですが
大阪のテーマパークではUSJにつぐ年間来場者数があります。

USJの年間来場者数は年間1000万人を軽く超えていますが
ひらかたパークは毎年120万人以上になっています
やはり桁は違いますが。

ひらパーは40を超えるアトラクションは大人から子供まで楽しめますし
夏はプール、秋はイルミネーション、冬はスケートなど季節ごとのイベント
もあるので一年を通して来園可能になっています。

お子様がいらっしゃる方やデートで楽しみたい方、そして
友達同士でワイワイしたい方々などの思い出作りになると思います。

今回はそんなひらパーの夏休みの混雑や料金についてに迫ってみました
題して「ひらパー夏休み2017の混雑状況と営業時間や料金をチェック!」
では早速本題に入っていきましょう!

ひらパー夏休み2017の混雑状況

夏休みを利用してひらかたパークに行こうと思っている人は
多いと思いますが、一体どのような混雑状況なのか気になると思います。

やはり混んでいるとスムーズにアトラクションなどを楽しめないですし
せっかく行くんだったら効率よく遊びたいですよね。

夏休み中は特に混雑しやすいのでどこが混雑しやすいのか
調べてみました。

まず混雑しやすい日程はやはり土日祝です
それと夏休みはお盆の期間ですね。

平日の方が混雑はしにくいと思います。学生の方などで
平日に行ける方は土日祝は避けた方がいいと思います。

時間的に混雑しやすいのは11時〜15時前後の混雑が予想されます。

やはり混雑だったり待ち時間が出やすいのは、駐車場、チケット売り場、
アトラクション、レストラン、プールだったらウォータースライダーだと思います。

まず駐車場の混雑に巻き込まれないようにするには
開園時間は10時からで開園時間の1時間前から駐車場のゲートが
開くのでできるだけ早めの時間から行かれる方がいいと思います。

チケット売り場の混雑回避は早めにいくまたは
前売りチケットを購入しておくことで
混雑を避けることが可能です。

アトラクションについては開園時間の10時〜11時は比較的
混雑は少ないので待ち時間は少なく乗ることが可能です。

レストランの混雑回避は11時ごろでしたら
比較的スムーズにご案内可能だと思います。

またはお弁当を持っていけば
並ばなくても大丈夫です。ただ夏なのでお弁当などの
保管環境には注意してください。

ウォータースライダーも開園時間の10時〜11時は
人が少ないので比較的待ち時間は少ないと思います。

土日祝、お盆は混雑が予想されるので注意してください!

少し工夫すると混雑を避けることができるので参考にしてみてください!

Sponsord Links

営業時間や料金をチェック

7月と8月の休園日
7/3,4,5,6,7,118月は無休で営業予定です。
天候などで変更になる場合があるので来園前に確認してください

次に営業時間です
10時〜17時 7/10,12~14,18~20 8/28~31
10時〜18時 7/1,2,8,9,15~17,21~30
10時〜19時 8/1~10,17~27
10時〜20時半 8/11~16

日にちや期間によって違いますが天候などで変更になる場合も
ありますので確認をよろしくお願いします。

・入園とフリーパスの料金

入園+フリーパス 入園 フリーパス
(入園料金が別途必要)
おとな(中学生以上) 4,400円 1,400円 3,000円
小学生 3,800円 800円 3,000円
2歳~未就学児 2,600円 800円  1,800円

・入園とプールの入場料金

入園+プール プール入場(入園料金が別途必要)
おとな(中学生以上) 2,300円 900円
こども(2歳~小学生) 1,300円  500円

※フリーパスでのプールの入場はできません。
※乗り物には身長や年齢の制限があるので注意してください。

まとめ

今回は「ひらパー夏休み2017の混雑状況と営業時間や料金をチェック!」について
まとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

夏休みにひらパーを楽しむためにもいろんな工夫をして
混雑を避けていただければ嬉しいです。

料金や営業時間なども参考にしてください。

夏なので紫外線対策や熱中症対策をお忘れなく!

最後まで読んでいただきありがとうございました。