昨今多い浮気や、不倫、二股騒動ですがこの度、お笑い芸人のデニス植野さんが、二股をしていたことが発覚したみたいですね!本当に最近はこういったスクープが取り上げられることが、本当に多くなってきましたよね。

一昔前では考えられない数の、芸能人の浮気や不倫のスクープが取り上げられているのではないでしょうか!?やはり、これもインターネットが普及してきているからでしょうか!?簡単に情報がタイムリーに届いてい区からでしょうか?

今回はお笑い芸人のデニス植野さんの、父親のことや浮気に関して迫ってみました。題して「デニス植野の父親はブラジル人!ハーフでイケメンだけど浮気が発覚!」では早速本題に入っていきましょう!

Sponsord Links

デニス植野さんプロフィール父親はブラジル人!

名前:植野 行雄
生年月日:1981年7月17日
職業:芸人(ボケ・ツッコミはネタによって変わるが主にツッコミ)
出身地:大阪府吹田市
血液型:O型
身長・体重:178cm・80kg

日本とブラジルとハーフで、デニス植野さんの父親がブラジル人で、母親が日本人のハーフ芸人。学生時代のお母さんがカナダに留学をしていたそうなんですが、そのカナダ留学中にブラジルからニューヨークを経て、カナダに滞在していたお父さんに出会ったそうです。

ニューヨークってやはり、いろんな国の方が集まるんですね。お父さんと、お母さんはカナダで出会ったので、デニス植野さんはカナダd生まれたんですが、2歳の時に大阪の吹田市に引越しをしました。

2歳から日本で生活をしているので、見た目は外国人風なんですが、言語は日本語オンリーなんです。そして小学校と中学校、高校とナインティナインの矢部さんと同じだったみたいなので、地元の床屋さんでは何度かお会いしたこともあったみたいで、矢部さんとデニス植野さんは自部だったので、後輩に当たるそうです!そんな偶然があるんですね!

デニス植野さんが20歳になった時に、急にお父さんがブラジルに帰ることになって、もちろんお母さんも一緒に行くことになりました。急にこの時、実家がなくなってしまったんです!こんなことがあるんですね!お父さんは大阪に飽きちゃったんでしょうか?それともやはり、生まれた場所の方が、心地いいでしょうね!?

突然、デニス植野さんは実家がなくなってしまったので、これをきっかけに東京に行くことにして、西麻布のバーテンダーを務めることになります。その後NSCに入学することになり、芸人として今に至ります!

このバーテンダーとして働いていた時に、なんと俳優の向井理さんが後から入ってきたそうです!後から入ってきたので、バイトの後輩になるんですが。その時に向井理さんに俳優をやりたいと相談を受けていたそうなんですが、そんなに甘くないからやめた方がいいと、デニス植野さんはアドバイスしました。

しかし、その相談を受けた2ヶ月後には、向井理さんはテレビに出演を果たしていたそうなんです!驚きのエピソードですね!デニス植野さんある意味すごい!?

 

デニス植野はハーフでイケメンだけど浮気が発覚!

デニス植野さんの成人式のイケメン写真がこちら
確かにハーフの濃いめのイケメンではないでしょうか!?こういったタイプが好きな方も多いので、そういった方に持てていたんでしょうね!?

こんなイケメンのデニス植野さんですが、去年の7月から二股の浮気をしていたそうです。内容は共通の友人から紹介されて、当時この浮気相手になってしまった女性はデニス植野さんに彼女がいていることを知らなかったそうなんです。

その当時は、あまり収入としては安定していなかった、デニス植野さんのことを考えて、外で会うとお金がかかるから、彼女のご自宅で手料理を振る舞うと彼のことを本t方に考えて、大切に思っていた。

そして、出会って半年ぐらいしてから、デニス植野さんの態度がなんかよそよそしくなっていったみたいで、急に知らない番号からの着信がありました。

知らない女性からの電話でした。デニス植野さんの彼女からで、その後は会えないと一方的にデニス植野さんに告げられたそうです。

相当なショックだったでしょう。精神的なショックを受けて不眠症などの症状が出ているみたいです。

人の心を傷つけてしまうのはやってはいけないことですね。

 

まとめ

今回はデニス植野の父親はブラジル人!ハーフでイケメンだけど浮気が発覚!について書いてきましたがいかがでしたでしょうか?

ブラジルと日本のハーフでい特徴的な個性を持つデニス植野さんですが、今後はこの二股騒動をどうに利器って行くかが重要になってくるのではないでしょうか!?

やはり、スキャンダルと報じられてしまうとイメージダウンにもつながってしまいますので、誠意を見せて、芸能生活に励んで行って欲しいですね。

二股騒動が許されることではないですが、芸人として頑張って行って欲しいです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。